自律神経の乱れさようなら
本気で自律神経の乱れを治したいあなたへ正しく背骨調整すれば長年の症状でも改善を目指せます。

当院は最後まであきらめません
一緒に改善を目指しましょう

※予約はこちらをタップ

こんな症状
お困りではありませんか?


  • めまい・耳鳴りがする、または立ちくらみをよくする
  • 胸が締め付けられたりざわざわする感じがする
  • 夏でも手足が冷えたりする
  • よく便秘や下痢をしたり、胃の調子が悪くなる
  • 気候や季節の変化に弱い
  • なかなか寝付けない・朝、起きる時に疲労を感じる
  • 食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある

丁寧なカウンセリングと無痛整体で 痛くなった筋肉と
自律神経と脳に直接アプローチするから、

長年の自律神経の乱れを解決させ、元気だったあの頃の健康へと
導きます!

当院で問題を解決された
方の喜びの声

病院でも改善せず諦めかけた
自律神経の乱れが当院でよくなる理由

ボディコーディネーションエニシにはさまざまな症状のトラブルで来院されるお客様が多くいます。
自律神経の乱れ・頭痛・肩こり・めまい・吐き気・眼精疲労など、痛くて眠れない方なども多くいます。そういった方々が当院でその悩みを次々と解決されていくには理由があります。

理由1

数多くの医療従事者
当院の技術を推薦しています

詳しい推薦コメントは
医療従事者 専門家からの推薦状
ページをご覧ください。

過去20,000人の症例実績を元に体の癖を見抜きあなたに合った的確な施術をします。

体の基本的な構造は誰もがほぼ同じです。
しかし筋肉の付き方や、施術したときの反応は
人それぞれ異なります。そのため教科書通りの
施術では良い成果を得ることができません。

特に長年の慢性症状に苦しんでいる方の場合は、
体に改善を妨げる悪い癖が染みついています。
過去20,000人の施術をしてきた経験から、体に
つく悪いパターンを見抜き、
あなたの体に合った的確なオーダーメイド施術をします。
だから体に負担を掛けずに無理なく腰の痛みを良くしてくことができます。

理由2

徹底したカウンセリング検査
痛みの原因を究明します。

症状を解決させるためには、
まずその症状を出している原因を知る必要がある
私は考えています。当たり前のように感じるかもしれませんが、実はこれは簡単ではありません。

なぜなら
「病院では異常がない。でも調子が悪い」
という方が多く存在するからです。
そこで当院では、以下の2つのことを
カウンセリングと検査により突き止めます

  • 不調を起こしている原因は何か
    症状を鎮めるために必要な施術はなにか
  • 再発しないよう根本解決させるために
    必要な施術はなにか

この二つを究明することで、まずは痛みをだしてる本当の原因を知る、そして今ある不調を楽にしていく。
理想的な施術計画を立てることができます。

理由3

自律神経の乱れ
3つのステップ解決する

実は自律神経の乱れで苦しむ方のほとんどの原因が筋肉の硬にあります。つまり筋の硬さを取ってあげれば嘘かのようにしびれや痛みが解決していきます。精神内科などで自律神経失調症と診断された方も解決することあが可能です。

結論どうすれば解決できるのかといいますと

  • 関節の位置を正常に戻す
  • 硬くなってしまった筋膜を緩める
  • 姿勢を改善する

これら3つを計画的に行っていく必要があります。
これら3つのステップを体の状態を見極めつつ行っていける
から、自律神経の乱れも良くしていくことができます。

どれぐらい通えば自律神経の乱れ
良くなりますか?

あなたの自律神経の乱れをよくするための通院回数や期間は、症状の程度や年齢などによって変わります。また必ず治るという断言もできません。しかしこれまでの臨書経験である程度の目安はお伝えすることができます。

自律神経失調症の症状が落ち着くまでまでの目安通院回数

いくつかの症例の紹介

症状

仕事のストレスから不眠になり寒気や疲れが取れないなどの症状が出現。日に日に症状がひどくなるため、ホームページで当院を知り来院。

施術経過

1回目

自律神経の乱れに対して全身の緊張の緩和をするために筋肉・関節を中心に施術。
身体不調感の軽減、しびれ、痛みの軽減あり。

2回目~7回目

週に2回の通院をメインに週1回通院を導入。
引き続き自律神経の乱れに対して全身の緊張の緩和をするための施術を実施しながら、軽い運動も実施。不眠と不調感、痛みは0になるも、痺れは継続。

8回目~12回目

週に1回の通院
10回目でしびれも改善。その他の自律神経失調症の症状出ることなく生活できている。
現在は2週間~1か月に1回のペースでメンテナンス通院中。

自律神経失調症の特徴

1.自立神経の乱れからくる様々な症状

ストレスなどが原因で、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れて症状が出現します。

神経は「中枢神経」(脳と脊髄)と体中に張り巡らされている「末梢神経」に分けられます。
末梢神経は意思によって身体の各部を動かす「体性神経」と意思に関係なく刺激に反応して身体の機能を調整する「自律神経」に分けられます。暑いときに手で仰ぐのは体性神経、汗が出るのは自律神経の働きです。

この自律神経は、交感神経と副交感神経という逆の働きをする2つに分かれています。交感神経は身体を活発に動かすときに働き、副交感神経は身体を休めるときに働きます。これらが互いにバランスを取りながら身体の状態を調節していますが、このバランスが崩れることがあり、その原因として、不規則な生活によって自律神経が興奮し続けたり、ストレスによる刺激、更年期におけるホルモンの乱れ(更年期障害)、先天的要因などが挙げられます。

全身的症状としてだるい、眠れない、疲れがとれない、頭痛、動悸や息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなど多岐にわたります。
精神的症状として、情緒不安定、イライラや不安感、うつなどの症状が現れることもあります。

自律神経失調症の4つのタイプ

1.本態性自律神経失調症

子供の頃からの、元々持っている体質に原因があります。自律神経の調節機能が乱れやすい体質のタイプです。 体力に自信がない虚弱体質の人や、低血圧の人に多く見られます。病院で検査をしても特に異常が見つかりません。日常生活のストレスもあまり関係しません。

このタイプの人は体質そのものに原因があります。体質を改善するために、食事、睡眠、運動、休息などの生活習慣を見直していく必要があります。

2.神経症型自律神経失調症

心理的な影響が強いタイプです。自分の体調の変化に非常に敏感で、少しの精神的ストレスでも体調をくずしてしまいます。感受性が過敏なため、精神状態に左右されやすいタイプです。感情の移り変わりが体に症状として現れます。

3.心身症型自律神経失調症

日常生活のストレスが原因です。心と体の両面に症状があらわれます。自律神経失調症の中で、もっとも多いタイプです。几帳両で努力家のまじめな性格の人がなりやすいです。

4.抑うつ型自律神経失調症

心身症型自律神経失調症がさらに進行するとこのタイプになります。やる気が起きない、気分がどんより沈んでいる、といった「うつ症状」が見られます。  

 肉体的にも、頭痛、微熱、だるさ、食欲がない、不眠などの症状があらわれます。身体の症状の陰に精神的なうつも隠れているのですが、病院へ行つても、身体症状を改善するための対症療法しか受けられず、長い間、不快な症状に苦しむ人が多いようです。几帳面な性格や、完全主義のタイプが陥りやすいです。